5つの習慣が消化酵素を無駄に使っている!

体のなかでつくられる消化酵素と代謝酵素。実は量に制限があり、消化にばかり酵素を使っていると、代謝に使える酵素が減ってしまいます。

消化酵素を効率よく使って、代謝も上手にできるような健康な体をめざしましょう!

夜遅い食事もダメ!大食いもダメ!

夜遅くまで起きているとお腹が空きますよね。だからといって、たくさん食べてはいけません!ましてや、消化に悪いものなんてもってのほか!!

20時~朝の4時までは、代謝と吸収の時間で、体の中では取り込んだ栄養素を吸収して代謝させる仕事をしています。

夜食を食べると消化に酵素を全部持っていかれるので、吸収と代謝ができないのです。さらに満腹になると、眠くなってしまいます。そのまま寝てしまうこともあるでしょう。人が眠っている間は、胃の中の消化酵素も活動をストップします。

つまり、胃の中に存在している「ペプシン」と「アミラーゼ」という消化酵素が働かなくなり、消化不良になるのです。遅く食べた次の日、朝起きると胃がもたれる、ムカムカするという症状がでるわけです。

消化不良ですめばよいのですが、深刻化すると胃潰瘍、最悪の場合、胃がんになる可能性も少なからずあるのです。そうなる確率を高くしないためにも、夜遅い食事をするのは辞めたほうがいいですね。

食事のあとすぐに激しい運動はダメ!

食事をしたあとの激しい運動は酵素を大量に使うので、消化には全く使えなくなります。消化できずにいると消化不良になります。食後はゆっくり休むことが望ましいです。

もし運動をするなら、空腹時にするとダイエットに効果的です。

軽いストレッチ、ヨガ、水中ウォーキングなどの有酸素運動は脂肪の消費に役に立ちます。

炭水化物などが体の中にない状態で運動すると、蓄積されている体脂肪を消費しようと体の中の脂肪代謝システムが効率よく動きだすのです。

そして、運動をしたあと2時間くらいは、食事はとらないようにしましょう。

注意しなけらばならないことは、運動して、体内で代謝がおこなわれている時に食事をすると、すなわち、食料を体の中に入れると、体が栄養を取り込もうと必死になり、結果的には太ってしまいます。

(ちなみにお相撲さんは、このやり方で体を作ります。どうなるかわかりますよね?)

食事の30分くらい前に酵素を取り込んでから食事をすることをおすすめします。

酵素が体の中にはいると、食べ物を待ち受ける形になり、効率よく消化酵素が働くからです。

またサプリメントなどを使う場合でも空腹時が望ましいですね。

動物性たんぱく質の過剰摂取はダメ!

生野菜、果物など生で食べられるものそのもの自体に酵素が含まれていて消化にもいいです。

でも、揚げ物や脂っこいものは脂分も多くて、消化するまでに大量の酵素を消費してしまいます。また消化しきれない動物性たんぱく質が腸内に残ると、体臭や便秘の原因になります。

しかし食べ過ぎなければ、肉も魚も滋養の高い食品なので、積極的に取り入れたいものです。焼肉などを食べた後は、生のパイナップルジュースを飲むと、肉の消化を助けてくれます。覚えておきましょう。

スイーツや甘いお菓子の無茶食いはダメ!

ケーキやお菓子などに多く含まれている、砂糖、ショ糖、麦芽糖、乳糖、などをまとめて「二単糖類」といいます。これを消化するには大量の消化酵素が必要になります。

それでもどうしても甘いのが食べたい!と思ったときは、生のフルーツで甘味を摂取するといいですね。果物に含まれる糖分は「単糖類」と呼ばれていて、含まれている果糖は消化しやすい糖分なので、消化酵素を大量に使うことはありません。

ちなみにはちみつも同じ「単糖類」で、ブドウ糖も単糖類の仲間です。

マヌカハニーというはちみつは、抗酸化作用や免疫力を高める作用が強いうえに、ショ糖などの単糖類を多く含みます。

小腹が空いたときには、お湯で溶かして飲んだり、そのまま舐めたりするのもおすすめですよ。

甘酒を選ぶときのポイント

甘酒を買うときに、砂糖未使用とうたっていても、原材料に砂糖と明記してあるものがあります。注意してみてみましょう。甘いものを買うときは原材料欄をチェックする習慣を身に付けましょう。

化学薬品の頼りすぎはダメ!

テレビCMを見ていると、次から次に新しい薬が開発され販売されているのがわかります。病院に行くほどでないものは、薬で自分で治せるよ、というアピールもあるでしょう。そのせいか、現代人は化学薬品に頼りすぎている傾向にあります。ある程度はそれでもよいのですが、デメリットもあります。

科学薬品を摂りすぎると体力低下や、免疫力の低下さにつながります。またアトピーなどのアレルギーも引き起こしてしまうのです。これらは酵素不足をまねくだけでなく、酵素のはたらきを阻害することにもなりかねないのです。

病気になってから科学薬品に頼るのではなく、日ごろから健康管理に気を遣い、健康な体を維持できるように努力しましょう。

適度な運動も忘れずに

甘いものや、動物性たんぱく質を摂りすぎないようにして、自分の体を大切に、規則正しい生活をすることが、健康な体につながるのです。