流行のダイエット5選!あなたはもう試した!?

いつの時代でも女性にとってダイエットは永遠のテーマ。

毎年のように新しいダイエット法が出てきては消え、出てきては消え・・・

でも自分に合ったダイエット法はなかなか見つけることが出来ないのも現状です。

今回はさまざまあるダイエット方法の中から、特に効果の高い5つのダイエット方法を紹介します。

あなたに合ったダイエット法が見つかりますように!

痩せるメカニズム

痩せるメカニズムを知るうえで「カロリー」という言葉を覚えておく必要があります。「カロリー」とはどういうものなのでしょうか。

栄養素には、タンパク質、脂質、炭水化物の3つのエネルギー源になるものがあります。人間はこれらを消費して、エネルギーを作って生きています。

「カロリー」は発生したエネルギーの単位です。カロリーには2種類あります。

  • 摂取カロリー ⇒ 食べ物から得たエネルギー
  • 消費カロリー ⇒ 運動や基礎代謝で消費されたエネルギー

人間の体は、摂取カロリーと消費カロリーの差で太るか痩せるかが決まるというメカニズムになっています。痩せるためには、摂取カロリーを減らして消費カロリーを殖やす!

この考えが基本です。ちなみに、体重1kgは約7,000kcalに相当します。例えば1日200kcalずつ減らせば、35日目で体重が1kg減るという理論が成り立ちます。(7,000÷200=35)

摂取カロリーを減らすダイエット

摂取カロリーを減らすためには、食生活を改善したダイエットがあります。

ひとつひとつの食材のカロリーをチェックすれば確実ですが、これは大変な作業で、料理研究家でない限り、毎食やりたいとは思わないでしょう。

そんな人には「~制限」「~だけ」「~置き換え」といわれるダイエットが簡単でおすすめなので、これらを紹介します。

ポイントは摂取カロリーを減らしすぎない

基礎代謝(生命維持)のエネルギーが少なすぎると健康な体を維持するのは難しくなります。

1日の摂取カロリーの基準(kcal) = あなたの体重(kg)×20

(例)体重50kgの人は50×20=1000(kcal)

朝バナナダイエット

朝ごはん(ごはん・おかず・みそ汁で約500kcal)をバナナ(1本約80kcal)に置き換えるだけでの簡単に方法です。

バナナはカリウムが豊富に含まれているので、朝のむくみにも効果があります。さらにバナナには食物繊維も多く、たった1本でも満足感があるのはうれしいですね。

糖質制限ダイエット

「炭水化物=糖質」を制限して、摂取カロリーを減らすのが「糖質制限ダイエット」の目的です。

炭水化物を食べるとインスリンというホルモンが分泌され、体脂肪を増やす働きを促します。これを逆手にとり、炭水化物を制限することで痩せやすくなるのです。しかし炭水化物は、脳の働きを助ける唯一の栄養素でもあるので、1回の食事では、ごはん100g程度(茶わん半分くらい)は食べた方がいいですね。

酵素ドリンクダイエット

朝バナナと同じ「置き換え」タイプのダイエットです。

酵素ドリンクは単純に摂取カロリーが減らせるだけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養素が多く含まれていて、さらに美肌効果や胃腸をきれいにする働きがあります。

至れる尽くせり!って感じですよね!

ビタミンややミネラルは代謝をアップさせる酵素の補助的な役割もしてくれるので、リバウンドしにくい体になるのです。

消費カロリーを増やすダイエット

消費カロリーを増やすには、運動量を増やすのが一番なんですが、ポイントは「有酸素」と「無酸素」の運動をバランスよく取り入れることです。

なぜなら、この2つの運動の効果が全く違うからです。

詳しく紹介します。

筋トレ(無酸素運動)

無酸素運動とは、酸素を使わない、瞬発的な運動のことをいいます。

バーベル上げや腹筋など、いわゆる「筋トレ」とよばれものです。

無酸素運動をすると筋肉量が増え、基礎代謝による消費カロリーのアップにもつながり、
痩せやすい体質になるというわけなんです。

水泳(有酸素運動)

有酸素運動とは、ウォーキングや水泳など、酸素を使う継続的な運動のことです。

水泳は、足腰の負担が少ないわりには、水圧の負荷が身体中にかかるので、短期間で効果が得られるダイエッ法です。

有酸素運動をすると血液の流れが良くなり、体脂肪を多く燃やすことができます。

つまり運動した分だけ脂肪が燃焼されていくのです。

逆に筋トレのように基礎代謝が上がるわけではないので、運動を習慣化しないと脂肪は継続して燃焼されません。

短期間で痩せたいなら有酸素運動をおすすめします。

痩せやすい体質づくり

痩せやすい体質をつくるには、食事と運動のダイエット方法を組み合わせて、まずは基礎代謝を上げることが大切です。

酵素ドリンクやサプリはダイエット目的に開発されたものなので、タンパク質など必要な栄養が含まれています。筋肉をもしっかりついて、リバウンドしにくい体質をつくります。

・(例)酵素ダイエットの1日

朝ごはん(500kcal)を酵素ドリンク(100kcal)に置き換える ⇒ -400kcal

運動(筋トレ+水泳1時間) ⇒ -200kcal

1日500kcal以上も減らせることがわかります。

自分に合ったペースで痩せられて、しかも痩せやすい体質になれるのはうれしいですね!

まとめ

摂取カロリー < 消費カロリー

食事と運動のダイエット方法をうまく組み合わせることができれば、ダイエットはきっとうまくいきます。