あなたの年代に酵素サプリは必要?

酵素ドリンクやタブレット、サプリなど、種類も形態も様々な商品があります。

あまりにも多くあると、どれを選んでいいか悩んでしまいます。

どのタイミングで飲んだら 1 番効果があるの?

年齢での効果の違いはないの?

30代過ぎたら痩せにくいって言うのは本当?

気になる質問の答えを解説していきますよ。

あなたの年代はどれにあてはまりますか?

10代

酵素体の中に2種類存在します。

食べ物の消化や吸収に必要な「消化酵素」と、免疫力を上げたり、新陳代謝をあげる効果がある「代謝酵素」です。

これら2つを合わせて「潜在酵素」といいます。

2種類の酵素は20代でピークを迎えて、あとは減ってしまいます。

酵素が減ることによって、消化や吸収が悪くなるので、代謝の機能もさがります。

つまり食事から酵素を摂る必要がでてくるのです。

10代は自分の体の中の酵素で十分に足りているので、酵素サプリを取る必要はありません。

注意点として、酵素は睡眠中に作られるので、あまり夜更かしはしないほうがいいですね。

20代

前にも述べましたが、酵素を作る量は20代がピークです。

しかし社会人になって忙しい毎日を送るようななったり、独り暮らしをはじめたり、さまざまな環境の変化があると、食生活も変わります。

暴飲暴食が増えたり、不規則な食生活になったり、睡眠不足や運動不足でにもなると、代謝はどんどん悪くなっていきます。

この状態を放っておくと、体の中で酵素を作る時間が減り、目に見えて太っていきます。

肌トラブルが起きてると実感したときには、もう遅いのです。

もし不安であれば20代でも、酵素を意識的に摂ることをおすすめします。

1日に必要な酵素を野菜・果物だけで摂取するなら、野菜は350g、果物は200g といわれています。

忙しくて食事もままならない、というのであれば、手軽にしっかり取れる酵素サプリがいいですね。

20代の体の中では酵素を作る力があるので、酵素サプリで補助をしながら、不規則な生活にならないように意識して過ごすことも大切です。

30代

20 代と比べて、体重が増えてしまうとなかなか落ちにくいことを実感している人もいるでしょう。

ダイエットがうまくいかない理由のひとつとして、体の中の酵素がどんどん減っていくので、意識的に酵素を摂らないと新陳代謝のはたらきが下がることにあります。

その結果、余分な贅肉が無くなることなく、痩せにくくなってしまうのです。

意識的に代謝を上げるためには、運動を始めたり、野菜や果物を中心とした食生活を始めることです。

しかしいきなり始めるにしても、お金も時間もかかってしまい、簡単にはいきません。

身近なところから始めていきましょう。

例えば、エスカレータではなく階段を使うとか、バスや電車を使わず一駅歩くとか。

生活の中ですぐに始められる運動しながら、酵素サプリを取り入れたライフスタイルを目指していきましょう。

40代

40代からはさらに体の中の酵素が減って行き、30代よりももっと痩せにくくなります。

体の中でつくられる酵素の量が少なくなって、代謝が悪くなってしまうからてす。

20 代〜30 代よりも、しっかりと酵素を摂ることが必要になってきます。

ちなみに酵素の多い野菜や果物は、皮に 1 番栄養が含まれているので、皮ごと摂れるスムージーが理想ですが、スムージーを作るにはお金も時間もかかってしまいます。

そんなときこそ、酵素サプリで手軽に続けられるのはうれしいですよね。

酵素を摂り続けることで、体の中から酵素を減らさないことがポイントなんです。

そして酵素に頼りきりにならずに、適度な運動も取り入れていくようにしましょう。

体質を改善して、代謝をあげることが痩せる道への近道となるのです。

せっかく痩せても筋肉が落ちると、リバウンドが繰り返されてしまうので、適度な運動はやっぱり必要なんですよね。

適度な運動と健康な食生活があればサプリは要らない

ここまで、年齢別で酵素サプリが必要かどうかをご紹介してきましたが、どの年代にも共通していえることは、1番大切なのは生活習慣を見直すことです。

酵素はいくらでも手軽に取り入れることがてきても、不規則な生活を続けていれば全く意味がありません。

適度な運動を取り入れることで、血液の巡りが良くなり、新陳代謝もあがって、代謝酵素の効果を実感することができます。

炭水化物を控えて、野菜から酵素を取りいれることで、糖の吸収が緩やかになって血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

また、胃腸の負担も減るので消化酵素の効果を実感できます。

適度な運動と健康的な食生活ができれば、体の中の潜在酵素は正常にはたらくので、酵素サプリを飲む必要はありません。

生活習慣を見直すまでは誰でもできますが、改善方法を実行していくのは難しいかもしれません。

いつまでも健康でイキイキと過ごしていけるように、自分を大切にしていきましょう。