酵素とダイエットの関係を知っていますか?実は以外に親密なんです!

酵素ってよく耳にするけど、どうやってつくられて、どんな働きをするのか知っていますか?

そして酵素はダイエットに大きく関わっているのです!そのあたりをじっくり解説します。

酵素の種類

酵素は人だけでなく、動物や植物、微生物などあらゆる生命体に存在しています。

そして、人の体内ではタンパク質からできた消化酵素、代謝酵素が作り出されます。また食べ物からは食物酵素取り入れて生きています。3種類の酵素は体の中において、どんな働きをするのでしょうか。

代謝酵素は車のエンジン

私たちが食事から摂りこんだ栄養素は、体内ではそのままエネルギーに変わりません。栄養素に含まれる糖質と脂質がエネルギーに変えられて、体内に取り込まれます。これが代謝酵素の役割です。代謝酵素は筋肉や臓器に存在し、はたらいています。代謝酵素のはたらき次第では代謝の効率もあがり、肥満予防にもつながります。

例えていうなら、車(体内)にガソリン(栄養素)を入れてもエンジン(代謝酵素)をかけなければ車は動かないですよね。それと似たようなことです。

消化酵素はハサミ

私たちの食事の栄養素には、タンパク質、糖質、脂質が含まれているものがあります。たんぱく質はアミノ酸と結合し、糖質はグルコースなどと結合し、脂質は脂肪酸と、それぞれが結合してできています。

これらはそのまま吸収することできないので、胃や小腸に存在する消化酵素が、ハサミの役割を果たし、栄養素を分解して、体内への吸収を助けています。

食物酵素の弱点

代謝酵素や消化酵素は体のなかでつくられるのに対して、食物酵素は様々な食べ物に含まれているため、食事として摂り入れなければなりません。食物酵素の役割は消化酵素とほとんど同じ役割をしています。

私たちが普段、口にする食べ物の多くは加熱調理をしたものが多く、特に温野菜などは体にもいいと言われています。しかし残念なことに、50度前後で酵素の活性は高まりますが、それ以上の温度になると酵素の働きは失われてしまいます。もし、酵素をきちんと摂りたいと思ったら、生で野菜を食べたり、あるいはスムージーなどにして食べると効果的です。

酵素不足が招くおそろしいこと

消化酵素の不足が招くことは、消化不良です。食べたものを消化する能力が弱まり、体内に取り込まれてにくくなります。

代謝酵素の不足が招くことは、体内に採り入れた栄養素を、うまくエネルギーに変えることができなくなり、疲れやすくなってしまいます。この状態が続き、摂り込んだ栄養素を代謝できないでいると、脂肪が蓄積されて、結果的には体に余分な脂肪がつきやすい、ついてしまった!ということになってしまうのです。

酸素不足
↓      
栄養不足  
↓           
体力低下→疲れやすい→太りやすい

どうみても悪循環ですよね。

健康で生きていたい!と思うなら酵素はとても重要なものなんです。

年齢とともに減る酵素

人が生きている間で、体のなかでつくられる酵素の量は決まっており、それは年齢とともに減っていきます。

若いうちにどんどん酵素を使ってしまうと、年をとってから、つくられる酵素が少なくなり、酵素不足になってしまうのです。ただし不足した酵素は、食べ物から採り入れることができるので、健康的な毎日を過ごしたいと思ったら、若いうちから、積極的に酵素を含む食べ物を食べるようにしましょう。年をとってからでも、体のなかで酵素が少しでも多くつくられることが望ましいのです。

食生活の乱れが酵素を無駄遣いしている

あなたはどんな食生活を送っていますか?

  • 生野菜はあまり食べない
  • 揚げ物、肉類、濃い味メイン
  • スイーツなど甘いものをよく食べる
  • インスタント食品やレトルト食品がメイン
  • 夜更かし、朝寝坊の常習犯
  • 食生活が不規則

もし、上記のほとんどに心当たりがあるなら、要注意が必要です!なぜなら酵素を多く必要とする食べ物を取り入れているのに、体の中の酵素が足りていないような状態だからです。

酵素や胃の活動時間は、正午から夕方にかけてがピークで、夜9時以降は活動が弱くなります。バランスの悪い食事を夜遅く食べると、胃は消化しきれず、酵素も無駄に使われていくのです。

前述したように、体のなかでつくられる酵素の量は決まっているので、せっかく食事をするのであれば、バランスのよい、酵素を含んだ食事をして酵素を効率よく増やしていくのがいいですね。

酵素摂取におすすめの食材

酵素を含む野菜、果物

食物酵素を含む野菜や果物は多くあります。しかし、私たちは酵素をとるためだけに食材を選ぶことはなかなかしません。しかし食材を覚えておけば、普段から難しく考えなくても食物酵素を摂ることができます。

生野菜や果物を食べるときは、食事の1時間前ぐらいに食べると、食事中のタンパク質の分解に役に立ちます。

食物酵素を含む野菜や果物をあげてみました。

野菜では大根、キャベツ、山芋、玉ねぎ、セロリ、人参、トマト、きゅうり、ブロッコリー、にんにく、しょうがなど。

果物ならりんご、バナナ、パイナップル、キウイフルーツ、アボカドなど。

発酵食品

発酵食品には酵素と乳酸菌が豊富に含まれています。乳酸菌は酵素の働きを助ける、重要な役割があり、中でも植物性乳酸菌は、胃酸による影響が少ないため、腸まで届きやすいのが特徴です。
日頃からの生活習慣を考え、酵素が十分に役立つからだ作りを目指しましょう。

食物酵素を含む食品は主に以下の通りです。

牛乳、チーズ、ヨーグルト、納豆、漬物、ぬか漬け、キムチ、甘酒、みそ

日本人には馴染み深いものや、乳製品も含まれていることがわかりますね。

食物繊維

食物繊維は便秘の改善、腸内環境を整えるのに役立つだけでなく、酵素の働きを良くしてくれます。またコレステロールをコントロールし、血糖値の急激な上昇を抑えるはたらきがあります。その結果、尿病予防や改善にも効果が期待できるのです。

抗酸化食品

体のなかの活性酵素は細胞の代謝やエネルギーの利用を低下させてしまいます。そこで活性酵素の働きを抑えるのが、抗酸化作用が期待できる発酵食品です。さらに加えて、ビタミン(ビタミンA・E・C)を多く含む食品を摂りいれることで、体の酸化を防ぎ、細胞を保護することができます。細胞レベルからの健康なからだ作り、代謝のアップや痩せやすい体質へと繋がるのです。

睡眠も酵素力アップに大事

朝から酵素をしっかりと使える状態にするには、深夜を過ぎてからの就寝を避け、平均して7時間ほどの睡眠時間を摂るようにしましょう。

睡眠は体を休めると同時に、日中に使う酵素を作り出し、蓄える大切な時間です。ちゃんと寝ないと十分な酵素が生成されません。

酵素の力で健康に

体のなかでつくられる酵素だけを頼ることなく、食べ物からも酵素を上手に摂りいれ、酵素のはたらきを活用し、健康的な毎日を過ごせるようにしましょう。