バイバイ老廃物!酵素でむくみを解消して部分痩せをしちゃおう!

顔のむくみって、つらいですよね・・・
顔で第一印象が決まるっていうし、化粧のノリが悪いってだけでも、その日憂鬱なのに・・・さらに、むくみって・・・

そのむくみ、なんとかしたいですね。

むくんでいる状態

よく、水を飲み過ぎるとむくむって言いますよね?あと、食べ過ぎてもむくみは起こります。実際のところ、むくみとは、体内では何が起こっている状態なのでしょうか。

本来、細胞は「間質液」という、体内には必要な水分にずっと浸かった状態で、存在しています。間質液は、体内の細胞間で必要な水分であり、老廃物を排出するときにも必要な水分です。
何らかの原因で、血流が流れが悪くなると、本来血管を通って老廃物を排出しなくてはならない間質液が体内に残ってしまいます。
この状態が続くと、水分とナトリウムが体内に貯蓄してしまい、さらには腎臓の働きも邪魔して、ますますむくんでいくのです。

むくみに気づいたときには、すでに遅し!
体内の水分量は、キャパシティを大幅にオーバーし、腎臓にもかなりの負担がかかっている状態なのです。
内臓が悲鳴をあげている状態、それが、むくみなんです。

何でむくむの?

血液の流れが悪くなることが、むくみの原因であることはわかりましたが、血液の流れが悪くなる原因を考えてみましょう。

むくみの原因
  • 体の冷え
  • 締め付けのきつい下着の着用
  • アルコールの飲みすぎ
  • ストレス
  • 不規則な生活
  • 食生活の乱れ(脂っこくて、塩分の高い食事など)

このような状態はむくみだけでなく、体のいろんな不調にもつながります

むくみにも3タイプある

老廃物を含んだ「間質液」が体内に残ることで起こるむくみ、この状態を「水毒」ともいいます。特に女性は、水毒になりやすいと言われています。

水毒は3タイプに分けられます。

  • 水分を過剰に摂取した水毒
  • 塩分、水分が腎臓にとどまっている水毒
  • 冷え性からくる水毒

それぞれどんな症状なのか、みていきましょう、

水分の過剰摂取による水毒

あまり動かないで、運動もほとんどしない、でもお茶などの水分ばかりを過剰摂取する人に多いです。
瞼が腫れぼったくなってきたり、朝起きて顔がむくんでいたり。また、水分の摂り過ぎで胃液が薄まり、胃腸の働きが弱い人にも多いです。
そして「むくみ腸」にもなりやすいのです。

塩分や水分が腎臓にたまって起こる水毒

なんかダルい、やる気がない、足や腰がダルい・・・などの脱力感が症状として出る水毒です。
腎機能が低下してくると足のむくみが強くでますが、これは、かなり強い水毒の症状です。原因として考えられることは、生活のリズムの乱れ、塩分や脂分の摂りすぎ、偏った食事などです。
バランスのとれた食生活や規則正しい生活を送れるように心がけることが大切なんです。

冷え性からくる水毒

体が冷えると体内の循環、すなわち、体の巡りが悪くなったり、滞ってしまうと、ホルモンバランスも崩れてしまいます。
そうすると運動しても汗をかきにくくなったり、痩せにくい体質になったり、生理不順や生理痛などの症状がでてきます。それは代謝の機能が落ちている証拠でもあるのです。

酵素がむくみを解消する

むくみには酵素が効果的に役に立ちます。それはどういうことでしょう。

酵素には消化酵素と代謝酵素があり、消化を行うときに役に立つのが消化酵素です。

代謝酵素は体の外に余分な水分を排出するはたらきがあります。これが、むくみに効果的なのです。暴飲暴食をすると、体内の消化酵素を無駄に使い、代謝のはたらきをする酵素が残されていない状態になります。

消化機能や、排出機能が正常に行われることで、体重は増えることもなく、きれいな肌でいられるのです。健康や美容に気をつけたいときこそ、酵素を意識的に考えてみるといいです。

むくまないために食材や栄養を知ろう

塩分を摂りすぎないことは大切なことですが、それ以上に塩分を体外へ排出することが最も重要です。そのはたらきを助ける栄養素をあげてみましょう。

むくみ解消に役立つサポニン

キュウリ、トマト、ケールなどの生野菜に多く含まれる。
スムージーなどにして飲むと、余分な塩分や水分を体外へ排出するはたらきがあります。

塩分の排出に効果的なカリウム

芋類、ナッツ類、海藻類、とろろ昆布、干しひじきなどに含まれる。
特にバナナ(中ぐらいの大きさ1本当たり)には540mgものカリウムが含まれています。

抗酸化作用があり血液の流れを良くするポリフェノール

赤ワイン、黒豆、大豆、ブルーベリー、コーヒー、緑茶、カカオ、しょうがなどに含まれる。
アントシアニン、カテキン、イソフラボンなどがプリフェノールの仲間です。

糖質の分解をして、血液の流れを良くするビタミンB1

豚肉、豆腐、ほうれん草、ごぼうなどに多く含まれる。

タンパク質を分解して、血液の流れを良くするビタミンB6

大豆、にんにく、バナナ、まぐろ、さんま、カツオ、赤身魚などに含まれています。

豊富な種類の栄養素を含む食材

むくみに効く、栄養素だけを見ていると、豊富な種類の栄養素を含む食材があることがわかります。

  • バナナ・・・カリウム、ビタミンB6
  • 豆腐・・・ビタミンB1、ポリフェノール
  • 大豆・・・ビタミンB6、ポリフェノール
  • ほうれん草・・・カリウム、ビタミンB6、鉄分

簡単に手に入れることができる食材が多いうえに、そのまま食べられるものがほとんどですね!これはありがたい!
ぜひ、冷蔵庫の常連に入れておきましょう。

むくみ解消には漢方薬も効果がある

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

  • 水太りタイプの人
  • 胃腸が弱い人
  • 汗をかくけどむくみがある人
  • 肥満症の人

などにもおすすめです。

五苓散(ごれいさん)

  • 水を体にためやすい人
  • 腎臓の機能が低下している人

などにおすすめです。

腎臓の機能が低下すると、聴力が落ちてくるともいわれており、加齢とともに、難聴や、めまいなどの症状が出る人がいます。こういう方に限って、むくみの悩みを抱えています。そういった人にこそ、この漢方が役に立つのです。